今話題の!!最短30分の保険選び

新しい保険選びがスタートします。

通常15,000円(税別)の保険診断プログラムが

新規モニター5名様限定で、無料で受けれれます!

Office TFP (富田FP事務所)

このページをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

このページをご覧頂いているということは、あなたは保険の見直し、新規加入を検討されている方と思います。

当店では、オリジナルの保険比較サービスとプロのサポートで迷わない保険選びを提供しています。

 

 

複数保険会社商品を検索・比較

a1_s

保険種類、条件を選択・入力し検索。検索結果が一覧で確認可能

保険会社を絞っての検索や、一覧表示後の再検索、一覧表示順の変更も可能

商品ごとの詳細(保障内容・特約内容)などの確認・変更が可能

複数の保険会社の中から確認できるので、メリットやデメリットもその場で確認可能

比較

a2_s

より詳しい内容を比較したい商品を一覧から選択し、同一フォーム内で横並び比較

比較画面で特約の付け外し・払込期間の変更などが可能。

共通提案書

a3_s

今まで本当に見づらかった各社の設計書や提案書が、各社同一の項目で見れるので作れるので、自分で納得出来る保険選びが当店では可能です。

わかりやすいので、悩む事がなくなり、時間の短縮になり、家族の時間が増えます。

当店が選ばれる4つの特徴

1、子育て世帯専門+地域特化型のファイナンシャルプランナーで

 

富田FP事務所は、南千住に多くお住まいの 「子育て」真っ最中のママさん、パパさんを中心にサポートしているファイナンシャルプランナーです。

店舗には、「キッズスペース」を完備! ベビーカーを引いてお子様と一緒に来店いただけます。

私たちは「南千住」の地域へのサポートにこだわり、お一人お一人のお金や家庭の状況に合わせた マネープランとライフプランを共に考えて参ります。

 

2、13年間、7,700件以上のコンサルティング実績

7,700件以上のコンサルティング実績

富田FP事務所は南千住で一番長く営業しているFP事務所です。 創業から13年、7,700件以上コンサルティングのご依頼をいただいております。

そして、ご相談者が生涯安心して過ごせるよう、

継続したサポートを行っていることで、多くの喜びの声をいただいています。

3、確かな専門性から、各世帯に最適な提案をいたします。

富田FP事務所は、どこの銀行・証券会社・保険会社にも属さない独立系FPです。

つまり、ご相談者が希望しない勧誘や必要のない金融商品の提案は行うことは一切ありません。

もちろん、ご提案することも可能ですが、その場合においてもお一人お一人の家計の状態をお聞きし、それをもとに多角的に分析し、

ご相談者にとってベストなものをご紹介・ご提案させていただきます。

 

4、1人1人のライフプランに特化

「子育て世帯」においても、経営者であっても それぞれのご家庭の、家計状況や生活状況は、本当に様々です。

だからこそ、 富田FP事務所は、お一人お一人とその家庭に寄り添い、 ご相談者専用の「マネープラン」「ライフプラン」をご提案いたします。

そのため、Office TFP 富田FP事務所にお越しいただき、多方面からヒアリングをさせていただくことで、30年、40年先までイメージできる計画書(ライフプラン)を作成いたします。

いただいた感想を紹介します

S様 44歳 女性

夫婦共に浪費家なので、厳しい事を言われるだろうと思ってましたが、怒るのではなく、私達が知らなかった「貯金ができるしくみ」を教えていただきました。ご提案の方法は、私達の性格やライフスタイルに合っているので、無理なく実行できそうです。ありがとうございました。

N様 36歳 女性 

投資は怖いイメージがあり、今まで定期にばかり何年もお金を預けていました。富田先生の話を聞いて、理解できました。投資できるお金と投資してはいけないお金など、細かく見ていただき、私たちに合ったプランを紹介していただきました。先生に出会わなければ、何も変わらす時間をムダにしていたと思います。改めて、プロのFPの必要性を感じ、夫婦共に感謝です。

I様 39歳 女性 

先日はありがとうございました。家庭のお金を細かいところまで見ていただき、それをグラフにして説明していただき、今まで把握していなかった無駄な支出がわかりました。また、掛け過ぎていた保険を整理していただき、負担が減ったので、これからは子供たちのために貯蓄ができそうです。 毎回の相談を通じて、家計のことでなく、お金のこと、投資のこと、社会保障のことなど、たくさん教えていただきました。(子供たちがにぎやかですみませんでした。)

M様 34歳 女性

今までは将来設計を立てておらず、これからどのくらいお金がかかるか分からない状態でした。初めて相談させていただき、これからのことを考えるきっかけを作っていただきました。正直、相談していなかったら、将来どこかで困っていたと思います。 相談させていただき、将来の不安がなくなりましたし、いつでも困ったときに相談できるので頼もしいです。これからもよろしくお願いします。

アクセス

 

周辺地図

Office TFP 富田FP事務所

マップ

本社 〒116-0003 東京都荒川区南千住8-12-5-110

 

アクセス

バスの場合(一番利用されています。)

南千住駅東口よりコミュニティーバス「汐入さくら」に乗車(3~4分)「東京リバーサイド病院」にて下車後、徒歩1分 。

 

南千住駅から徒歩(健康には最適です。)

南千住駅東口より徒歩約12分

自動車の場合(タイムズ駐車場が店舗2階にあります。)

東京都荒川区南千住8-12-5-110
 
 

アメリカ合衆国 ニューヨーク  から 14時間 (10,864 km) 

オランダ アムステルダム        から 14時間(9,305km)

成田空港 から 1 時間 (75.9 km) 「東関東自動車道(湾岸市川~潮来)」経由

羽田空港 から  31 分 (26.2 km) 「首都高速1号羽田線 と 首都高速6号向島線」経由

東京駅 から   18 分 (11.1 km) 「首都高速6号向島線」経由

 

ナビに

タイムズべるぽーと汐入(東京都荒川区南千住8-12)と入力

スロープで駐車場は2階です。 駐車場の北側に店舗入り口があり階段かエレベーターで1階へ降りて頂ければ正面にOffice TFP 富田FP事務所 店舗があります。

ご相談・お問い合わせはこちらから、まずはお気軽にご連絡ください。

 

  お申し込み後、自動返信でご案内のメールが届きます。もし、5分経ってもメールが届かない場合は、以下の理由が考えられます。   1.「迷惑メール」フォルダに誤って分類されていることがありますので、ご確認ください。 2.「迷惑メール」フォルダにも届かない場合、ご登録頂いたメールアドレスの記入誤りの可能性があります。お手数で大変恐縮ですが、再度お申し込み下さい。 3.上記以外の場合、何らかのシステム上の不具合である可能性があります。 申し込みが出来ない場合は、 恐れ入りますが再度お申し込みをお願いします。

 

南千住 保険 FP IFA ブログ 南千住 保険 見直し 南千住にお住まいのみなさま保険相談窓口 保険ショップランキング 保険相談の流れ 取り扱い保険ショップ一覧 地域密着型の保険ショップ 保険選びのコツ 便利なサービス 生命保険 学資保険 医療保険 がん保険等 複数社お取り扱いしています 足立区 荒川区 台東区 墨田区 文京区 葛飾区での保険相談 保険の見直しなら

学資保険は不要?子育て家族のお金を貯める方法とは

  こんにちは、 『家計の健康促進パートナー』富田FP事務所です。   今回は、子どもが産まれたら考えたい学資保険についてご紹介します。     学資保険とは?   学資保険とは生命保険の一種で主に、子どもの教育資金の積み立てのために加入します。 契約者を子どもの親、被保険者を子ども、受取人を契約者とし加入するのが一般的です。

契約者
被保険者 子ども
受取人

  契約者(親)は一定期間掛け金を払い込み、満期のときに学資金が受取れます。   また、学資保険の場合は、契約者が亡くなってしまったら、掛け金の払込が免除となり、 満期のときには学資金が満額受取れます。 学資保険とふつうの定期預金との違いは親が亡くなって掛け金を払えなくても学資金はしっかり受取れる、保険機能が付いているところです。   また、保険契約によっては、子どもがケガや病気をしたとき、子どもや親が亡くなったときの特約を付帯することで保険金が得られるものがあります。 しかし、万が一の特約を付帯すればするほど、返戻率と呼ばれる貯蓄部分の利回りが悪くなります。     学資保険にはいつから入る?   保険会社により異なりますが、子どもが産まれたらすぐに加入できます。中には、出産の140日前から加入できる保険会社もあります。   積み立てを始めるなら早ければ早いほど効果的です。なぜなら、積み立てする期間が長いほど毎月の負担が軽くなります。また、期間が長いほど金利を多く得られます。     学資保険は必要なの?   子どもの教育のため、習い事のため、進学のため、お金はしっかり貯めていきたいものです。 でも、ついつい使いすぎてお金が貯まらない方も結構いらっしゃいます。   そのような方は、学資保険などのようなお金を貯める商品を活用すると着実に貯めることができます。 なぜなら、学資保険は毎月掛け金が引き落としになり、自動で積み立てることができるからです。そして、満期のときや子どもが進学をするとき、お金を受け取れます。   ただし、積み立てを開始して早期に解約すると損をするので注意がひつようです。 しかし、多くの方はこの仕組みを逆手にとって解約せず積み立てます。     学資保険以外にもジュニアNISAを活用するのも良いでしょう。 ジュニアNISAはお子さま名義で証券口座を開設し親が運用・管理を行います。 年間80万円まで投資することができ、5年間の運用による利益は非課税です。ジュニアNISAの場合、現金を引き出せるのは18歳以降。つまり、18歳までは原則、お金を引き出せないので、しっかり学資金を準備することができるのです。     学資保険とジュニアNISAどっちが良い?   学資保険は一般的に、加入する時点で将来受け取れる金額がわかるものがほとんどです。 積立期間が長く、入院保障などの特約を付けなければ、元本割れすることはめったにないでしょう。   ですから、投資の未経験者で受取金額がわからないのが不安、元本割れは絶対イヤという方は、学資保険の方が良いでしょう。   しかし、超安定運用なので金利も超低金利です。 受取金額を積立総額で割った返戻率は、高いもので110%程度です。     投資に興味がある方、実際に投資を行っている方、学資保険よりも高い利回りを狙いたい方は、ジュニアNISAの方が良いでしょう。 元本保証はありませんが、長期に保有すれば一般的に利回りが安定します。   ただし、運用商品の選択は慎重に行うと良いでしょう。   返戻率は投資なのでわかりませんが、元本割れする場合もありますが、200%、300%、それ以上といった成果を出す場合もあります。     ただし、学資保険もジュニアNISAも早期に解約すると多くの場合損をします。   住宅ローンの返済やお車の買い替え、子どもの進学のための準備、その他、予定外の出費が あるかもしれません。   いくらまでなら家計の負担にならないか、ライフプランなどを作成し積立金額を決めることをお勧めします。

老後の年金っていくらもらえるの?

  こんにちは、 『家計の健康促進パートナー』富田FP事務所です。     豊かなセカンドライフを送る為に、「年金がいくらもらえるか」はとても気になりますね!   公的年金は基本的に65歳から受け取ることができます。 では、今65歳の方は、いくら年金がもらえるのでしょうか?まずは、公的年金の仕組みをご紹介します。     公的年金制度の仕組み   公的年金制度は、2階建てになっています。 1階部分は日本に住む20歳以上60歳未満の全ての人が加入する国民年金(基礎年金)部分。2階部分は会社員や公務員が加入する厚生年金(報酬比例)部分です。   その他、私的年金と言われる国民年金基金、確定給付型企業年金、確定拠出型企業年金があり、3階部分となります。     国民年金はいくらもらえる?   それでは、65歳から受け取れる金額を見てみましょう。   まず、国民年金は20歳から60歳までの40年間、保険料を納めれば満額の779,300円(年間)を受け取ることができます。 国民年金は10年以上保険料を納付すれば年金を受給することはできますが、免除期間等がある場合、受け取る金額が減ります。     厚生年金はいくらもらえる?   厚生年金は、加入期間と報酬額に応じて金額が変わります。 厚生年金の受給資格は、国民年金の受給資格を満たし、厚生年金の被保険者期間が 1年以上ある場合、受給することができます。   厚生年金について、金額の例をあげると   被保険者期間が40年間で、標準報酬額(おおむね月給)が40万円の場合、年間100万円程度。50万円の場合、年間130万円程度です。   具体的にはねんきん定期便を確認すると良いでしょう。     年金だけで老後の生活費は足りるの?   国民年金と厚生年金の両方をもらう場合、 約78万円+100万円=178万円程度です。   配偶者が、厚生年金被保険者の被扶養者の場合、夫婦の年金を合計すると、 178万円+78万円=約256万円   夫婦の年金額は256万円です。 ひと月に換算すると約21万円になります。   老後の生活は公的年金の21万円で暮らせるのでしょうか。   総務省の調査によると、老後の生活費は公的年金だけでは足りないようです。   年金受給している世代の1カ月の生活費は、平成29年の総務省の調べによると夫婦世帯で月平均約29万円です。   夫婦で、国民年金を満額もらっていても月額約13万円ですので全然足りませんね・・・。 厚生年金をもらっても毎月8万円程度不足するようです。   もちろん、ライフスタイルは人それぞれですから、年金だけで十分な人もいれば、全く足りない人もいます。   老後になってから困らないように早い段階から準備することが大切です。

 
午前 10:00 ~ 12:00 ○   ○   休み ○   ○  
午後 13:00 ~ 18:00 休み

○17時

まで

○17時

まで

ご予約制に付き待ち時間はありません。

 

Copyright (C) Office TFP (富田FP事務所) All Rights Reserved.

サイト内の記事、写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を固く禁じます。